一軒家購入のための正しい予算の決め方

一軒家購入のための正しい予算の決め方は、とてもシンプルです。
まず、貯蓄額から入居費用と生活予備費、将来のための貯蓄を引きます。この引いた金額が一軒家購入のために使うことが出来る金額となります。また、入居費用とは、引越し料金やカーテン、家具、家電製品などの購入費用のことです。生活予備費とは、万一、怪我などをした場合の入院費用などで、会社員の場合は生活費の3ヶ月分程度は用意しておくようにしましょう。
使うことが出来る金額だけでは一軒家を購入出来ない場合、住宅ローンを使うことになります。では、住宅トーンはどれぐらい借りることが出来るのでしょうか。住宅ローンは一般的に、年間返済額が年収の25%であるのなら安心だと言われています。しかし、ボーナスを入れた計算をしていると、もしもボーナスが出なくなった場合、困る事になります。ボーナスは必ず出ると保証されているものではないためです。安全を期するのであれば、ボーナスを入れない年収で計算をするようにしましょう。年収はもちろん、手取りでの計算になりますので、注意して計算をします。金融機関のホームページなどを見ると、毎月返済額、年間返済額、借り入れ金額など、データを入れることで算出してくれるツールがあります。それらを利用して、無理のない住宅ローンの計画をたてることが大切です。
また、一軒家を購入すると、出費となるのは住宅ローンだけではありません。固定資産税というものが毎年発生することになります。これらも考慮して計算をする必要がありますし、メンテナンス費用も考えた上で計算をする必要もあります。
住宅ローンの借り入れ金額が決まれば、住宅ローンと自己資金を合計したものが一軒家の購入予算となります。但し、この購入予算は、住宅本体だけでありません。住宅本体、土地代金、税金や手数料などもあるのです。諸費用と呼ばれる税金、手数料などは一軒家の場合、本体価格の6~10%です。土地と家をあわせた金額の1割を用意しておけば安心でしょう。
このように一軒家購入のための正しい予算の決め方は、段階を踏んでいけばとても簡単なのです。しかし、大きな買い物なので、じっくりと考えて間違いのないよう行う必要があります。