エリアの決め方

一軒家を購入しようと考えた時、まず選ばなければならないのはエリアです。どのようなエリアに住むことにするかによって、一軒家の値段も大きさもかなり違ってきます。
エリアを決める方法は、まず通勤手段から考えます。会社までの通勤の利便性が良いかどうか、何時間程度までなら許容範囲であるのかを、家族でしっかり話し合う必要があります。例えば、1時間圏内と決めたとしても、駅まではバスでよいのか、それとも徒歩で行ける範囲であることが条件なのかも決めなければならないでしょう。バスの場合もバス停までの距離もしっかりと考える必要があります。
家族構成によって立地も変わってきます。小さな子供がいる家庭であれば、公園が数多く近くにあり、学校にも徒歩で楽に通える範囲のところを選ぶことでしょう。また、その学校の評判も良い場所を選ぶ必要があります。工場や高速道路、大きな道路など、子供の健康を害するようなものが近くにないかも、しっかりチェックします。
もしも家族構成が新婚夫婦で将来子供を望んでいない場合は、買い物の利便性を重視し、休みの日も色々なところへ遊びに行きやすい場所に住むという決め方もあります。また、もう子供が独立して二人だけになっている年配の夫婦の場合は、何よりも買い物の利便性と、病院などの医療施設が近くにあるか、駅まで歩いていける距離であるかなどをチェックして決めるという方法があります。
その他、好みによっても変わってくる事もあります。ニュータウンに住みたいと思っている場合は、ニュータウンに焦点をあわせて探した方が良いですし、昔ながらの下町の雰囲気が好きな場合は下町を探してみるのも良いでしょう。
このように、一軒家を購入する時のエリアの決め方は、様々なものがあります。家族構成、好み、通勤手段などによっても大きく異なってくるため、どんな場所にどんな一軒家を買うのか、しっかりと家族で話しあうことがとても大切なのです。